その視線の先に眠るもの

本を探しに独立店舗型の大きめな書店に入った。
何度か利用した事はあるものの、
頻繁に訪れているわけではなかったので
改装された店内にすこしばかり心は慌て、
ちょっとした迷子の気分になってしまった。

天上からさがるジャンルの看板をたよりに
目当ての書棚へ足を運んでみたものの、
なんだかシックリこないラインナップに残念を感じる。

元来本屋は好きなので、
階層された店内を散策のつもりで歩いてみながら
めぼしい本や雑誌はないものかと目を光らせてみた。

まずは壁際の棚を見てみよう、と思い壁の通路をふっと見てみると
本棚と通路の間に置いてあるイスに座って前を見据える老人がいた。

老人は手に雑誌をもつものの、視線は老人に相対する棚の方だった。
手元の本ではなく、棚に並ぶ背表紙にどんな興味があるのだろう。

老人の視界をさえぎる事が大罪であるかのように錯覚された。
なので、そこを通り過ぎる際はなぜだかとても緊張してしまった。

その老人は私に喝を入れる事も、視線を動かす事もなかった。

すこしだけ不思議な瞬間だった。